background movie
HOME プロフィール

maki

Author:maki
出身 沖縄県
性別 男
趣味 酒、キャンプ、料理、温泉、映画、読書、歴史探訪etc...
好きな俳諧師 松尾芭蕉

月日は百代(はくだい)の過客(くわかく)にして行きかふ年もまた旅人なり。舟(フェリー)の上に生涯を浮かべ、馬(バイク)の口をとらへて老いを迎ふる者は日々旅にして旅をすみかとす。予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年(こぞ)の秋、江上(かうしやう)の破屋(はおく)にくもの巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てる霞(かすみ)の空に白河の関越えんと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず、ももひきの破れをつづり、笠の緒(を)をつけ替へて、三里に灸(きう)すうるより、松島の月まづ心にかかりて、住める方(かた)は人に譲り、杉風(さんぷう)が別墅(べつしよ)に移るに

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ リンク カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

紅のカブ 〜 CUB ROSSO

スーパーカブ110MDで日本一周キャンプツーリングの旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅22日目 松山市~えひめ森林公園キャンプ場

ハイサイ( ´ ▽ ` )ノ
みなさんおはようございます!
郵便配達仕様のスーパーカブ110MDに、
旅の道具を積み込んだ「紅のカブ号」による日本一周キャンプツーリングの旅。
22日目の今日は愛媛県内子町の知清公園キャンプ場からのスタートです。

今朝はいつもより少し遅めの5時50分頃目が覚めました。
テントから出ようとしたら、フライシートが夜露でビショビショ(>_<)


今年の旅で初めてこんなにテントを濡らしちゃいました。
川のすぐそばにテント張ったからかな?


バイクカバーも同じくビショビショ。


とりあえずトイレ行こうと思ったら、
夕べ私の近くでテント張ってた夫婦が、既にいませんでした。
今日は私と同じ松山市へ行くと言ってたけど、いったい何時に出発されたのかな?
全く気が付きませんでした(>_<)

トイレまで少し歩きます、


右側がトイレ。
奥には炊事場があります。


トイレはなかなか綺麗でした。


トイレ横の水場。


裏にはガスのメーターがありました。
コンロを繋いだら使えるのかも?


隣にも水場があり、


何故か土俵があります。


土俵の前には広場があり、
ゲートボール場になってます。


本当ならトイレのすぐ目の前の芝生の上で、テントを張った方が良さそうでしたが、


バイクは乗り入れ出来ないし、


草刈りしたばかりで、蚊がウヨウヨいたので、


河原でテントを張ってたのです。


朝食の準備をします。
昨日の半額で買った小松菜を茹でて、


一昨日、松山市のジェントルマンから差入れして頂いたカップヌードルKING。
このままでは多すぎるので、中身を半分に割って小松菜の鍋にぶち込もうと思ったら、中身の麺がガッチガチにカップにくっついてて外れないので、


全部食えるかわからないけど、そのまま茹でた小松菜とカップヌードルKINGにチャレンジします(>_<)
つか、初KINGですwww


なんとか麺と小松菜の具だけは完食して、スープは残しちゃいました。

食後にビタミンチャージしながら、


濡れたテントを片付け、フライシートとグランドシートは日向に干して乾かします。


乾くまでノンビリとこれから向かう、
松山市の情報を調べたり、今夜泊まる予定の「えひめ森林公園キャンプ場」に電話予約をしたり、天気予報を確認したりして時間を潰し。


ようやくテントとグランドシートが渇いたので出発します。

今夜は雨の予報なので、とりあえず先にキャンプ場にテント設営しておこうと思い、「えひめ森林公園キャンプ場」に向かいます。
ココから34km、約1時間で到着する予定です。


エンジンをかけて、さあ行こうと思った時に、河原を散歩中の男性に声をかけられる。
どうやら彼も、20年ほど前にカブで北海道から沖縄まで旅をしたらしく、
私にとってはもの凄く大先輩にあたるお人だった!
私が沖縄出身だと聞くと、沖縄での思い出話しに着火したらしく、当時宮古島でサトウキビのバイトした話しや、北海道では富良野に半年くらい滞在し、農家のバイトした話しとか、全国各地の思い出話しを語られ、結局30分以上立ち話をしたのだが、何故かその大先輩の名前を聞くのを忘れてしまったf^_^;)

国道56線を北上します。


伊予市をしばらく走り、県道23号線に入ります。


途中の案内板に従い右折、さらに進んで行くと大谷ダムの前に着ます。
もう近くのようです。


先を進むと、


左側に建物が見えてきます。


森林キャンプ場っていうから山のずっと奥にあるのかな?と、思ってましたが、
そんなに山奥じゃないし、なかなか良い場所にあるキャンプ場です。


バイクを停めて、


受付所で受付。
名前住所電話番号を記入します。
すると、管理者の方から思いもかけない言葉が!
「今夜は雨だよね~、バンガローに泊まるかい?無料だから」
「え!?イイんですか?!」
((((;゚Д゚)))))))
「いいですよ、じゃあ案内するから」


今夜雨なのは知っていたから、早めにキャンプ場来て、良さげの場所にテントを張らせてもらおうかな?と、思ってたのに、まさかバンガローに泊まらせて頂けるとは!素直に嬉しいです~!
o(^▽^)o


今夜泊めていただくバンガローはこんな感じ。


こんな素敵なバンガローに1人で泊まれるなんて!本当にありがたい事です!


ルールを守りましょう!


室内は6畳間くらいの広さかな?


窓は4面にあり、ちゃんと網戸も付いていますが、


ただ、電気は何もありません。
管理者の方が携帯とか充電したかったら、
事務所でやってあげるから、と仰って頂きました。
あと、ちなみにdocomoの電波はバリ5立ってました。3Gですが。


重い荷物を室内に運び込み、チョット外を散策します。


バンガローの外には分別ゴミ置き場があり、


小川の脇の小道を、


チョット行くと、


大人数が座れるイスとテーブルがあり、


広い炊事場があります。


焼き場はこんな感じ。


年季の入った薪オーブンのような、焼却炉のような物もありました。


奥から見るとこんな感じ。
左に見える建物はトイレで、去年だか新しくウォシュレットが付いたそうです!


手作りの木工玩具などたくさんあるし、


大人でも楽しめるようなトレッキングコースもあります。


お!面白そうなデッキがあるぞ!


残念ながら行けません(>_<)


ホント、一日中楽しめそうなキャンプ場です。
でも、週末やシーズン中は前もって予約しないと泊まれないかもです。


しばらく休んで、ココから12km先の道後温泉に向かいますが、

途中、大阪王将に寄って、


ランチタイム。
から揚げは晩酌のツマミに持ち帰ります。


道後温泉に到着。


人力車の隣に停めちゃった。


TVで見たまんまo(^▽^)o


ほほう、大人400円から入れるのか!
さすがに温泉手形は使えないか~(>_<)
まあ、今日は入りませんから。


しばらく眺めてただけでした~(^o^)


次は、松山で1番行きたかった場所へ向かいます。


ハイ到着。
ココは坂の上の雲ミュージアムです。


駐車場はないので車は駐車出来ませんが、


バイクなら駐輪場に停められます。


入り口の門。


ミュージアムの設計は安藤忠雄さんですので、
建築に興味がある方にもオススメです。


ワクワクo(^▽^)o


まずはチケットを、


自動券売機で購入します。


大人1枚400円。


スロープを登ると、


入り口。


司馬遼太郎が40代のほぼ全てを費やして完成させた作品「坂の上の雲」は、
松山出身の秋山好古、真之兄弟と正岡子規の3人の生涯を通して、近代国家として成長していく明治日本のすがたを描いている。このミュージアムは、小説に描かれた主人公3人の足跡や明治という時代に関する展示に加え、主人公にちなんだ様々なイベントを開催するなど、訪れた人々が時の流れについて感じ、考える場を提供する。そうです。(ガイドより抜粋)



直筆の書き出し部分の原稿。


産経新聞に連載されていた、挿し絵入りの記事が、


壁一面に((((;゚Д゚)))))))


後は是非こちらへ来て体験して下さい。

15時前に入ったのに、結局閉館時間18時半ギリギリまで、見学させて頂きましたが、まだまだ見たかったです(>_<)

ではソロソロ、明治の余韻に浸りながらミュージアムを後にしますか。


ん?いつの間にか空が曇ってて、今にも降って来そうだぞ!
この後は温泉へ行く予定だったのに、なんだかヤバイ雰囲気。
一応、走り出したけど、パラパラ降ってきたので、予定変更して急いでキャンプ場に引き返します!
キャンプ場近くのスーパーに寄って、


少し買い物したら速攻で戻り、


レシート整理と旅の記録を書き、


ツーリングマップルで明日の予定を考える。
尺取り虫がくっついてたので外に逃がす。w


スーパーからもらった氷でビールを冷やし、


ネットラジオを起動して、飲みながらブログの下書きをする。


バンガローの外は街灯があるので、懐中電灯なしでもトイレなどへ行けますが、22時にはそれも消えたので、私も就寝しました。

今日も最後までご覧頂きまして、
ありがとうございました。

ランキングに参加させてもらっていますので、よろしければ1日1回下の日本一周バナーをクリックしていただけると、
私のモチベーションが上がる仕組みになっています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

No title

こんなに良さそうなキャンプ場、それもバンガロー無料だなんて最高ですね!

道後温泉に入らないというフェイントは意表を突かれましたw
松山名物鍋焼きうどんは食べなかったのですか?

Re: No title

ビート★さん、コメントありがとうございます。

>こんなに良さそうなキャンプ場、それもバンガロー無料だなんて最高ですね!

最高でした。また泊まりたいですね。

>道後温泉に入らないというフェイントは意表を突かれましたw

ふふふ、ですよね〜(^o^)
でも、また来週松山来るのでその時は入ろうと思いますwww

>松山名物鍋焼きうどんは食べなかったのですか?

鍋焼きうどんですか?!
名物だとは気づきませんでした!(>人<;)

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。